小桜鸚哥
うさぎと小桜インコとBlogPetを愛でるブログ也

BlogPetをクリック♪しゃべります


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック



うさぎらぶ♪

鳥らぶ♪


BlogPet記事集♪


後姿ラブリー♪




  • このブログのバナーです。必要な方はお持ち帰り
    くださいませ。
  • モコ・ア・モコ




Powered by TypePad
登録年月2004-07


Copyright © 2004-2006
もこもこ
All Rights Reserved.


BlogPet背景記事集

BlogPetフレーム記事集

こうさぎ背景記事集

こねずみ背景記事集

BlogPet背景記事リンク集


ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ

BlogPeople

« うさぎ、考える人。いや、うさぎ。 | メイン | ラブバードの専門飼育書 »

寝転べる幸せと無精の程

寝っ転がりながら用事を済ますというのは、人間、動物、共通して無精の快感のようです。

我が家にいた犬は、歳を取るにつれ、ドッグフードを寝っ転がって食べるようになりました。若い頃は血気盛んに、取られまいと目をぎらぎらさせながら、食べていたものですが。

で、今我が家にいるのはうさぎです。うさぎは、自然界では弱い動物であり、そういう意味で遺伝子に警戒心が埋め込まれていますから、そうそう無精して隙があるところを見せることはありません。

と思っていたのですが、二号ちゃんがやってくれました(笑)。

囓り木の寝転び囓りです。力が入らない体勢だから逆にしんどいと思うのですが、口をあんぐり開けて一生懸命かじります。

囓り木を振り回します。顔も振り回されてます。

囓り木を振り回す

踏ん張って前足が出てきちゃいました。

前足が・・・

畳の上は滑るので、顔だけで囓り木を振り回しているうち、踏ん張ってた前足が滑って前に出てきてしまいました。畳の目が横だからまだいいのですが、縦になると滑って滑って、寝転んだまま囓るどころではなくなります(笑)。

そういえば、書いていて思い出しました。二号ちゃんは、寝っ転びの常習犯だった・・・(笑)。ケージの中では、いくらでも食べられるように牧草が床にてんこ盛りになっているのですが、それをちみちみと食べる時、寝転んだままでした。

本気で食べようってなると、立ち上がるんですけどね。

以前、私が呼吸困難で入院したとき、身体を起こしている方が楽に呼吸できるので、ずーっと、眠る時でさえ、起座だったのですが、呼吸は楽でも他が辛かったのですよー。だから、寝転んだまま何かを出来るというのは、ささいなようでとっても大きな幸せだなぁと、無精なうさぎーずを見ながら、思います。

Posted by もこもこ on 2004-08-03 at 06:06 午後 in うさぎーずの話 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876120316970c012876120402970c

Listed below are links to weblogs that reference 寝転べる幸せと無精の程:

一時的に、トラックバックが反映されるまで時間がかかることがあります。問題のないトラックバックでしたら必ず公開されますので、一度だけトラックバックしてお待ち下さい。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。