小桜鸚哥
うさぎと小桜インコとBlogPetを愛でるブログ也

BlogPetをクリック♪しゃべります


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック



うさぎらぶ♪

鳥らぶ♪


BlogPet記事集♪


後姿ラブリー♪




  • このブログのバナーです。必要な方はお持ち帰り
    くださいませ。
  • モコ・ア・モコ




Powered by TypePad
登録年月2004-07


Copyright © 2004-2006
もこもこ
All Rights Reserved.


BlogPet背景記事集

BlogPetフレーム記事集

こうさぎ背景記事集

こねずみ背景記事集

BlogPet背景記事リンク集


ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ

BlogPeople

« 寝転べる幸せと無精の程 | メイン | うさぎの「ポーズ」実物写真 »

ラブバードの専門飼育書

コザクラインコとボタンインコは、総称して「ラブバード」と呼ばれます。夫婦になると非常に仲睦まじいのでそう呼ばれるのですが、このラブバードについて良い飼育書が発売になりました。

ザ・ラブバード
廣末さおり著
誠文堂新光社
ISBN: 4416704526
価格 2,730(税込)

今まで、インコ・オウム類全般を扱った飼育書や、セキセイインコなど他のインコ類の専門書はありましたが、私の把握する範囲内では、ラブバードの専門書は初めてではないかと思います。

小桜ちゃんがいる我が家でも、さっそく購入し、役立てていこうと思っています。

ざっと読んだのですが、非常に細かいことまで詳しく書いてあります。今まで知らなかった事実もたくさんあります。また、発売は先月ということもあり、現時点では情報は最新です。

例えば、発情を判断するのに、骨盤の開き具合が、お腹のどこに感じられるか、なんてことも書いてあります。我が家の小桜ちゃんは、毎度のように医師の下で「お腹まだ柔らかいですね」と言われるのですが、おそらく骨盤の開き具合も含めて判断していたものと思われます。

そういう意味で、医師しか知り得なかったことまでも言及してあるという点で、頼もしい情報源として役立ってくれると思います。

しかし、決して素人判断はいけません!特に病気のときは、こういった本の情報は、参考にはなりますが、決定打の診断とはなりませんので、この本だけ見て安心していてはいけません。

その上で、この本は非常に役立ちます。価格が少々高いのですが、その価値はある本です。写真も非常に美しいです。

著者の廣末さおりさんは、今までもラブバードに関する話題の本をたくさん著しており、そういう意味でも信頼がおけます。

興味がある方は、是非手にお取り下さい。おすすめです。

Posted by もこもこ on 2004-08-03 at 10:59 午後 in 小桜インコの話 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876120316970c0128761203ff970c

Listed below are links to weblogs that reference ラブバードの専門飼育書:

一時的に、トラックバックが反映されるまで時間がかかることがあります。問題のないトラックバックでしたら必ず公開されますので、一度だけトラックバックしてお待ち下さい。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。