小桜鸚哥
うさぎと小桜インコとBlogPetを愛でるブログ也

BlogPetをクリック♪しゃべります


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック



うさぎらぶ♪

鳥らぶ♪


BlogPet記事集♪


後姿ラブリー♪




  • このブログのバナーです。必要な方はお持ち帰り
    くださいませ。
  • モコ・ア・モコ




Powered by TypePad
登録年月2004-07


Copyright © 2004-2006
もこもこ
All Rights Reserved.


BlogPet背景記事集

BlogPetフレーム記事集

こうさぎ背景記事集

こねずみ背景記事集

BlogPet背景記事リンク集


ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ

BlogPeople

« livedoor Blog、規約の「補足」のその中身 | メイン | パワフリャー、どひゃあ »

livedoor Blog、規約改正はなされた。しかし、

livedoor利用規約改悪に反対します

livedoor Blogの利用規約第8条の改正について、動きがありました。

まず、利用規約第8条そのものの改正が行われ、以下のようになっています。

第8条 (ウェブログの公開について)

利用者が著作したウェブログとそれに付随するコメント及びトラックバックは当該ウェブログを著作した利用者に著作権が発生するものとします。但し、宣伝、利用促進、出版等を目的としウェブログサービスの著作物を使用する場合、利用者は弊社に対し、当該著作物を著作権法の規定に基づき無償利用することを期間無制限で非独占的に許諾し、かつ弊社及び弊社の指定する者に対し著作者人格権を行使しないものとします。

第三者が、livedoor Blogにコメントおよびトラックバックした場合は、そのlivedoor Blogのオーナーに、第三者の著作権が持って行かれるということですか?百歩譲ってコメントはまぁいいとしましょう(本当は何歩行こうと許されざるものではないのですが)。しかし、トラックバック記事内容にまでlivedoor Blogの利用規約を当てはめられては、第三者はたまったものじゃありません。

このままだと、私個人の思いとしては、livedoor Blogに対して、コメント、トラックバックは出来ませんね。著作権侵害は許されざるものです。それが例え知り合いの者のブログであろうと、自分の身を守る為には一線を引く必要があります。

※なお、この記事に関しては、livedoor側の運営陣に意見を届かせるため、また反対の言葉をあげる者同志の連帯を強固にするものとして、しかるべき場所にトラックバックさせていただいています。この記事の著作権は私に帰属し、利用規約についてはlivedoor Blogの利用規約でなく、TypePad Japanの利用規約が優先します。

そして、ブログオーナーの著作権を守るという風に見せかけて、ある条件においては著作者人格権を行使してはならないとします。これでは、まったく意味がありませんね。「宣伝、利用促進、出版等」としては、いくらでも拡大解釈が可能です。いまだに、liveboor Blog利用者の著作者人格権は守られていません。

そして、気になるのが「出版」という言葉です。

ここを指摘する時は、ここを指摘するどのブログを見ても、多少感情的になっているふしがあるし、私自身も書いていてそうなるのを恐れていますが、やはり指摘せざるを得ません。

livedoorは、「ええとこどりを出版して、稼いだ金は全部自分のものだ」という思惑があるのではありませんか?

ここで、ある出版物に立ち返ってみましょう。まず、一般的なパソコン雑誌。そして、「ソフト百選」の類である、優良ソフトを一括して紹介する雑誌。

私自身の経験から言いますが、このような雑誌の編集者は、ソフトの著作権者に収録するかどうかの許諾を取ります。私はカーソル集が複数の雑誌に収録されたことがありますが、必ず収録許諾を求めるメールが来ました。

仮に、livedoor Blog内の優良ブログを出版しようとした場合、許諾を求めるのはそんなに面倒なことなのですか?前述のような出版物は、膨大な収録数があろうと、ひとつひとつに対して、きちんと許諾を求めていたと思われます。私一人だけ、許諾を求めたなどとは考えにくいです。

livedoorが、各個対応を面倒に思って、利用規約に盛り込んだと思われても、仕方ないですよ。

さらに、livedoor Blog開発日誌(ブログ)に新しく書かれた記事について。一部引用します。

著作権についてはウェブログを著作した利用者に帰属しますので、その利用について弊社は制限をすることはありません。
また、著作者人格権の記述については、もちろん故意に著作者人格権を行使せざるを得ない行為(改悪など)を弊社が行うことはありませんが、例えば、文章を読みやすくするための編集などを行う際に都度確認をしないで済むようにする、などの効果を想定した上でこのような表記とさせていただきました。

著作権は著作権者に帰する。当たり前ですね。なぜ、こんな当たり前のことを規約に盛り込むのに、こんなにもめているのでしょうか?

そして、「例えば、文章を読みやすくするための編集などを行う際に都度確認をしないで済むようにする、などの効果を想定した上で」という一文で、livedoorの腹の中が見えましたね。やはり出版を目論んでいるのでしょう。もっとも、出版して利益を上げられるほどの優秀なブログならば、文章のリライトなど必要ないと思いますけれどね(笑)。

全体として、やや前に進んだものの、まだまだいい点は上げられない、という結論に、今回はまとめたいと思います。

以下閑話休題

今回の件では、いかにlivedoor側が泥縄式の対応をしているか、ということが明白ですね。

私は、以前、別のIT起業型企業に、泥縄式の対応をされ、非常に不快な思いをさせられたことがあります。今回のlivedoorも、企業の種別くんだりでは同じところに属しますが、IT企業とは、自分がいかに客の金を搾り取るかに目をらんらんとギラつかせ、サービスしているようで、その実、サービスなど成り立っていない――自分を満たしたいから、という構造が見えるのは、悲しいかな現実です。

そういう構造が見えてしまう、私の目が悪いのでしょうか?

この記事には続きがあります。こちらの記事までどうぞ。

そろそろ、うさぎーず&こうさぎ&小桜ちゃんの話題に戻りたいのですが・・・記事内容に違和感を感じてる方、すみません。ごめんなさい。

Posted by もこもこ on 2004-11-17 at 04:26 午後 in livedoor Blogの話 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876120316970c0128761204d8970c

Listed below are links to weblogs that reference livedoor Blog、規約改正はなされた。しかし、:

» また来ましたな… from GO AHEAD!!
またまた開発日誌になにやらコメントが掲載されてますね。 つうか、俺の前回の投稿の後に載せるんじゃあねえよヴォケ! [続きを読む]

トラックバック送信日 2004/11/17 18:21:34

» 三歩歩いて二歩下がる - 再改正後のライブドア利用規約について(その1) - from ノーリーズン再び
こんにちは、堀江社長。ふぐは美味しいですか?規約の再改正が必要だという記事を書こうと思っていた矢先に、再改正。びっくりするほどの早業でした。やれば出来るじゃない... [続きを読む]

トラックバック送信日 2004/11/18 1:33:49

» 今回の規約改正騒動についてとblog引越しの御知らせ! from 情報発信系Blog:altair_8800別館「こうさぎ・ぷらっとほーむ」
一昨日、livedoorより、補足内容を盛り込んだ改正規約第8条の発表がありました. 本日は、今回の改正騒動について当blogなりに考えた事を投稿致します. そ... [続きを読む]

トラックバック送信日 2004/11/18 23:24:28

» 一時休戦 from GO AHEAD!!
livedoorの規約の第8条の改正について俺なりに最終的な答えを出しました。 ... [続きを読む]

トラックバック送信日 2004/11/19 21:03:00

一時的に、トラックバックが反映されるまで時間がかかることがあります。問題のないトラックバックでしたら必ず公開されますので、一度だけトラックバックしてお待ち下さい。

コメント

TBさせて頂いたノーリーズンです。
こうさぎの時計と例のマークを使用させてもらってます。
思いっきり事後報告ですが。

投稿情報: ノーリーズン | 2004/11/18 1:38:37

背景をお使いいただきありがとうございます。事前でも事後でもいつでもどこでも全く構いません、一声かけていただくと私と例のマークの作者さんが喜びます♪

そちらにお邪魔してこうさぎちゃんをクリックしたところ、俳句を読んでくれました。「不明瞭 楽天するよ こんにちは」だそうです。うーんビミョーな線でせめてきますね(^^;

投稿情報: もこもこ | 2004/11/19 0:26:53

この記事へのコメントは終了しました。