小桜鸚哥
うさぎと小桜インコとBlogPetを愛でるブログ也

BlogPetをクリック♪しゃべります


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック



うさぎらぶ♪

鳥らぶ♪


BlogPet記事集♪


後姿ラブリー♪




  • このブログのバナーです。必要な方はお持ち帰り
    くださいませ。
  • モコ・ア・モコ




Powered by TypePad
登録年月2004-07


Copyright © 2004-2006
もこもこ
All Rights Reserved.


BlogPet背景記事集

BlogPetフレーム記事集

こうさぎ背景記事集

こねずみ背景記事集

BlogPet背景記事リンク集


ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ

BlogPeople

« BlogPet背景・尾瀬の夏 | メイン | またもや毛球症に・続き1 »

またもや毛球症に

一号ちゃんが、またもや毛球症になってしまいました・・・。

まったり

異変があったのは、木曜の朝。ペレットが残っているし、フンも小さく少なくなっています。

しかし、困ったことに、かかりつけ医は、木曜定休なのです。

うさぎはデリケートな動物なので、胃腸の異変はすぐ手当てしないと、簡単に命にかかわることになってしまいます。

家人は、そこのところはちゃんと読んでいて、セカンドオピニオンの獣医さんは、もう探してありました。木曜日も診てくれるところです。朝、一号ちゃんは、素早くキャリーに入れられ、風呂敷にくるまれ、車上のうさぎとなりました。

着くなり、お医者さんは、お腹を触って、「冷たいな、よくないな」と。お腹が冷えると調子を崩すのは、人間もうさぎも一緒なのでしょうか。

そして、歯を診ていただき、歯はとても綺麗ですよとのことでした。

しかし、原因が歯でないということは、若干やっかい度が増すということのようなのです。

点滴を打ち、薬を飲ませ、今後の手当について指導していただいて、病院を後にしました。

今回、薬は二種類です。「元気が出る」オレンジシロップと、「毛球症の改善」の粉薬です。オレンジシロップは、アルミホイルで厳重に遮光し、冷暗所で保存すれば、三年持つとのこと。聞いたところでは、ステロイドなんだそうです。ステロイドは、正しい使い方をすれば強力な味方ですから、一安心と言ったところです。

粉薬ですが、油紙で一包ごとになっています。これに、100%りんごジュースを加えて溶かし、飲ませます。溶かし方ですが、一包の封を切ったところへ、注射器で吸い取ったジュースを加え、その中で混ぜ混ぜして、再びちゅーっと注射器で吸い取って、スタンバイOKという、ある意味アバウトな用意の仕方で、気が楽でした。

いざ飲ませます。オレンジシロップ0.5ml、注射器で問題なく飲んでくれました。毛球症改善薬ですが、1mlあるので、一息には飲めません。まず一口。うーんあんまり気が進まない様子・・・でも飲んでくれました。二口目。「んべーっ」・・・やったなっ。口から押しだしてしまいました。ジュースなのに、美味しくなかったのかなぁ。

翌朝。また薬を飲ませなければなりません。例の、りんごジュースの薬ですが、なんと驚いたことに美味しそうにちゅちゅちゅちゅ・・・と全て飲んでしまいました。へへ、なんと愛しい意地汚さよ(笑)。ほら結局、美味しかったでしょう(笑)?

で、今は、何よりも食べて貰うのが優先ですから、ダイエット食は一時的にやめ、嗜好性の高いペレットを増やし、大好きなにんじんやりんごをごろんごろんと貰って、かしゅかしゅかしゅかしゅとかじっています。

一応、フンは大きくなったのですが、色が黒く、健康な状態から比べると、まだいいとは言えません。今後、二号ちゃんが焼き餅を焼かない程度に、よく目をかけるようにしないといけません。

今夜は、たっぷりの野菜とりんご、新しい牧草二種類と食べ物三昧で過ごして貰います。果たして明日の朝は、どうなっているでしょうか。

Posted by もこもこ on 2005-06-04 at 02:01 午前 in うさぎーずの話 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876120316970c0120a70f64d3970b

Listed below are links to weblogs that reference またもや毛球症に:

» またもや毛球症に・続き1 from モコ・ア・モコ うさぎらぶらぶふぁいやー!!!!
この記事の続きです。 お医者様は、翌日朝、容態を電話で教えてくれるよう、こちらに [続きを読む]

トラックバック送信日 2005/06/15 19:55:57

一時的に、トラックバックが反映されるまで時間がかかることがあります。問題のないトラックバックでしたら必ず公開されますので、一度だけトラックバックしてお待ち下さい。

コメント

毛球症って一度なるとクセになるみたいですね。そんな話を聞いたことがあります。
うちのクウは今のところなったことはありませんが気を付けないと。。。

投稿情報: おか | 2005/06/04 9:45:55

1号ちゃん、お薬が効いて、よかったわ。
牧草を沢山食べないと、黒い●になるね。。。
今は換毛期だから、気をつけて!

そうそう、この前のコメントが書けないってのは、あのエントリーには精神的に・・・という事だったの。。。
勘違いさせて、ごめんなさい。

投稿情報: Makiyo | 2005/06/04 12:10:31

また、書き忘れた。。。
1号ちゃんと2号ちゃんも、よかったら、私のHPのおともだちAlbimに参加してねっ。

投稿情報: Makiyo | 2005/06/04 12:11:52

こんにちわ!
モカに暖かいこめんとありがとうございます!
もこもこさんのコメント読むとがんばろう!っていう気持になりました!
一号ちゃんが毛球症になってしまったんですね(;_;)
治ってきているようなので安心しました。
モカもまだまだ●の大きさが正露丸程度なので油断できません。
黒いのは栄養をたくさん取ったときに黒い●が出やすいと聞きました。
牧草をたくさん取っているときは緑色の●だそうです。

一号ちゃんが元気なりますように!

投稿情報: kuma | 2005/06/04 17:10:37

おかさん、
一号ちゃんは、神経質なまでに身体の手入れをする個性のうさぎなんだそうです。私ども家族には、初めてのうさぎということもあり、これで当たり前だと思っていたのですが、一号ちゃんの場合、度を超しているようです。そして、年齢を重ねてきましたので、若い頃ならなんでもなかったことが、今は病に発展する。そのことを嫌という程認識させられました。

Makiyoさん、
はい、牧草をたくさん食べないと、胃腸の調子も戻らないので、フンの状態には、キリキリくるくらい気を配っています。今、大きさはそれなりなんですよ。でも、牧草のフンではありません。だから、どこで線引いて、健康時の食事に戻すか、大変な宿題になってしまいました。

コメント、・・・そうですねあの記事内容では・・・あまりに現実が重くて、厳しくて・・・そうそう簡単にコメント出来る内容ではありませんでしたね・・・ごめんなさい・・・。

おともだちアルバム、写真を送らせていただきました。御査収くださいませませ。

kumaさん、
こちらよりももっと大変な状況の中、コメントをいただき恐縮です。皆様のお声が、くじけそうな私を支えてくれます・・・本当に皆様ありがとうございます。

栄養で黒フンですか。そういえば、確かに普段よりたくさん、食事は与えています・・・その中から好きなものを、出来るだけ食べて貰えるようにしています。そのための黒フンなら、安心できますね。一応、食べてはいるんですよ。出してもいるんです。でも、遊ばないんです。走り回らないんです。なので、こちらの身が細る程心配しています・・・。

モカちゃんの大変さに比べると、こちらの不調なんかへでもないのですが、なにしろ、そろそろ高齢と言ってもいいうさぎなものですから、ちょっとのことではらはらしてしまいます。もっと鷹揚に構えるようになりたいものです・・・。

皆様からいただいたコメントのパワーと優しさを、なんとかして一号ちゃんに伝えたいと思います。頑張ります・・・頑張ります!

投稿情報: もこもこ | 2005/06/05 1:53:58

この記事へのコメントは終了しました。