小桜鸚哥
うさぎと小桜インコとBlogPetを愛でるブログ也

BlogPetをクリック♪しゃべります


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック



うさぎらぶ♪

鳥らぶ♪


BlogPet記事集♪


後姿ラブリー♪




  • このブログのバナーです。必要な方はお持ち帰り
    くださいませ。
  • モコ・ア・モコ




Powered by TypePad
登録年月2004-07


Copyright © 2004-2006
もこもこ
All Rights Reserved.


BlogPet背景記事集

BlogPetフレーム記事集

こうさぎ背景記事集

こねずみ背景記事集

BlogPet背景記事リンク集


ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ

BlogPeople

« [10]りなざうがやってきた | メイン | [6]りなざうがやってきた(BlogPet) »

[11]りなざう...~ウルトラマンPCへの郷愁

画面のことなんですが、開くと、携帯電話みたいに、開き切りまでぱっこり開いてしまいます。その状態だと、両手に持っていろいろするのには楽なんですが、時には、画面の開き具合を120度くらいにしたいなと思う時があるんですね。

そういう時に、画面をそういうふうにしておくと、画面がかなり不安定で、軽くタップしただけでもぱこっと開ききっちゃうことがあります。そうなると、なにぶん小さくて精緻な画面ですから、どうしても上からのぞき込んで「解読」(笑)しなければ内容が読めなかったりして。デスクトップでのぞき込み続けるのは、結構つらいですよー。肩こりこり、です。

だから、Zaurusのカタログにある120度くらい開き写真は、嘘だよ~んですね、私にとってみれば(笑)。使えない訳じゃないですよ。でも、ぱこっと行っちゃいますよ(笑)。そして、たかだか200グラムちょっとぐらいの重さであろうが、両手で保持してえんえんと2ちゃんねるのログを読んでると、さすがに腕が疲れます。机でも無理なく使えるといいんですが。大裏技でマウス使えるらしいですし。

液晶の話が出ましたが、これはもう、すごいの一言ですね。こんな小さな画面で蟻のようなフォントを綺麗に表示してます。そういや知り合いに「そろそろ老眼が・・・」と嘆いている氏がいるのですが、その人にこれ見せたら・・・おそらくものすごく欲しがるだろうけど、現実解として使えない(見えない)だろうと、滂沱の涙を流して諦める姿が目に見えるようです。

・・・私が初めてパソコンに触れたのは、Windows95が98へと移り変わりゆく時でした。店頭には、まだIBMのPC110、通称「ウルトラマンPC」が残っていました。

「小さいもの」に無条件に反応を示す私(小学生の頃の宝物は、眼鏡用の小さなドライバーだった)が、ウルトラマンPCを見逃すはずもなく、しかし、パソコン買ったばっかりで懐に全く余裕はなく・・・この魅力的なマシンが消えていくのを指をくわえてみているだけでした。

そして今、私の傍らにはりなざうがいます。OSこそ違いますが、Windowsパソコンにも渡り合える程の可能性を秘めた小さな小さなマシン。ウルトラマンPCは手に入らなかった、でもりなざうがいるじゃないか。

私が初めて買ったパソコンのスペックは、CPUが200くらいでメモリが96、ハードディスクは3.2GB。りなざう(SL-C3100)はCPU(同じものでないので一概に比較は出来ませんが)の早さで倍、ハードディスクは4GBです。まだ10年も経ってませんよ。こんなにも世界が劇的に変わっていくとは・・・。Zaurusの将来に幸あれと願います。

Posted by もこもこ on 2005-12-28 at 05:44 午後 in 日常の話 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876120316970c0120a70f65ec970b

Listed below are links to weblogs that reference [11]りなざう...~ウルトラマンPCへの郷愁:

一時的に、トラックバックが反映されるまで時間がかかることがあります。問題のないトラックバックでしたら必ず公開されますので、一度だけトラックバックしてお待ち下さい。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。